HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>デイサービス

今の正直な気持ち。

あの事故以来、いろんなことを考えてしまいます。

事故の方は

「家族への補償」と「業務改善」

という2点をクリアしていけば大丈夫だと思うし

その着地点も何となく見えてきています。

だけどなんか気持ちのバランスが保てないでいます。


グループホームの開設に向け動き出した日の事故。。。

ご家族の悲痛な声。。。

施設病院側の事情。。。

責任のたらい回し。。。

保障問題に対して何も動けない自分。。。

同じ病院グループ内からの後ろ指と後ろめたさ。。。


何とも言えない感覚があります。


もっとドライに考えなきゃいけないとも思うし

正直気持ちの中に

「オレ何にも悪いことしてないのに、なんでこんな目に合わなきゃいけないのさ!」

という思いもあります。



職場内では

「大丈夫、大丈夫」というスタンスが崩せないんだけど

そういっている私自身が大丈夫じゃない状態になってて。。。


ごめんなさい。愚痴です。



今年の初めから転職に向けて動いてましたが

そんな思いが消し飛んでしまうような感じがします。



有料老人ホームやグループホーム。。。

13年間働いてきたデイサービス。。。



自分自身、本当は何がしたいんだろう?



そんなことを考えてます。




この記事のトラックバックURL

http://chayalog5.blog113.fc2.com/tb.php/309-13abc129

コメント

西の魔女ちゃん
お言葉心にしみています。

施設として言えないことはあるんですが
私は初めから包隠さず家族へお話しているんです。
それは一貫して貫き通しています。
ただ家族側がそこを信じてくれない。。。
信じていただけない理由もなんとなくわかっているんですが
詳しくは書けません。

職員へは伝えることは避けてます。
その時現場にいた職員のことを考えると
言わない方がいいと思っています。

ただ、ここで気持ちを聞いてもらえることで
かなり気持ちが軽くなっているのがわかります。
決して一人で抱え込んでいるわけではないですので
そこらへんはご安心くださいね^^
施設長におんぶにだっこ状態ですw
そのことが申し訳ないと思ってるんですけど
もう抱えきれないと思ってますので。。。

こんな重たい話を親身になって聞いてくださって
すごく感謝しています。

不安定な気持ちにはなりがちなんですが
自分にできることをひとつずつやっていってます。
たぶん家族へはどんなに話しても誠意としては伝わらないと思います。
残念ですが。。。

変なふうに思われるかもしれませんが
今確実に成長してると思います。
だってこういう経験今までないですから^^;
よく考えて自分の本当にやりたいことを
選択していくつもりです!

本当に本当にありがとうござます!!
薫子サン
薫子サンありがとうございます。
なんか誰かに気持ちを聞いてほしいんでしょうね。
本当に職場では不安な気持ちを出さないようにしています。
たぶんみんな不安を隠しながら仕事しているだろうから。。。
だからここで気持ちをぶちまけて誰かに本当の自分の気持ちを
わかってもらいたいんだと思います。
こんな暗い話を聞いてくれて本当に感謝しています。
お言葉に励まされています!

貴重なお話も聞かせてもらってありがとうございます。
悩んでいることが大事
レイさんが立場上、「大丈夫・大丈夫」と言い続けなければならない
だけど、気持ちはまだまだ受け入れがたい想いが渦巻いている

正直に自分の思いを吐露して、それを第三者にも見てもらう
これがとても大事な事だと思います
抱え込むのではなく、吐き出すことで整理できること、見えること
第三者の意見に聞く耳を持つこと
それらすべてが、次へのステップになる事は間違いありません

一番悪質なのは「隠ぺい」 出来事も、気持ちも蓋をしてしまう事は
避けるべきことです、そこで終わってしまいますからね
次への扉を開くには、赤裸々に洗い出すことがとても大切だと思います

一歩一歩踏み固めていくためにも、全部洗いだして改善・改革を進める
真心の対応があればご家族との確執も、少しずつ溶けてくるように思えます
誠心誠意ってこんな時に使う言葉でしょうね
法律的に施設側や。病院側が言ってはならない言葉ってあるそうですね
責任の大きさが違ってくるから…

それでも誠心誠意の対応はしておかなくては、自分の心にまで
オリが残ってしまいます
五年先・十年先などを見据えなくても、今大事に踏み固めなくてはいけないものを見つけてください
それの積み重ねが先に明かりをともすはずです

今後レイさんがどんな選択肢を選ぼうと、レイさんの本質は
変わることないと思います

応援しています、ちょっと踏ん張ってみてください
気もち。。。。
少しだけ分かりますよ
父が、最期は、入院して、MRIに感染して
個室に移されて、逝きました
だけど、最期は家族4人でみとれました
勿論、幼かった子供達は隔離されて
1時間最期を父と2人に、相葉ちゃんは
子供達とロビーで待ってくれてくれたんです
最期を父と2人で迎えられて今では、幸せでした

薫子は、知的障害者の授産施設で独身時代働いていました
色んな」子供達と接して、毎日が幸せでした
だけど、ダウンに自閉症・・・
そして、成育歴・・・ご家族の闘いを見てきたんです
だから、レイさんが凹んでいる気持ち、そして前進したい強い思い分かります
だから、レイさん負けないで下さい
薫子は、くすのき園で働いていました
今のくすのき園は、昔と変わり、もう遊びに行きたくありません
厳しくなり、薫子があそびに行っても園生達は薫子の顔をみると
目で、先生ごめん、私語ダメなんだと目で薫子にアイズスルんです
昔は、遊びに行くと、ワイワイ楽しめていたんです
薫子は、もうくすのき園に遊びに行きたくないんです
取り留めのないコメントを赦して下さいm(__)m

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。