FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>デイサービス

まだデイで働いてますw

先日、ある施設の施設長の面接に行ってきました。

今、続々と立ち上がっている住宅型有料老人ホームです。

小規模な施設で、小規模デイも併設ということで

私のやりたいことにマッチしてると思って手をあげました。


これまでたくさんのお年寄りの方と接してきたんですが

「施設に入りたいけどお金がないから。。。」とか

「どこの施設もいっぱいで3年は待たなきゃいけないらしい。。。」

これご家族の生の声です。

『自宅でいつまでも一緒に生活したい』

これってどんな家族であっても、根本的に持っている気持だと思います。

ただ、様々な生活歴や生活状況、お年寄りの方の状態によって

「もうこれ以上は無理!」ってなることがほとんどなんです。

それなのに、お金や施設が足りないという理由で

限界を超えて在宅介護をしている家庭がとても多い。。。


少し前までは、それでも自宅で介護をすることが

当たり前とまでは言わないけど、美徳感みないなものを感じていたし

深く考えていませんでした。

今考えると完全に第三者的思考だったと思います。




特養をはじめとした要介護者の受け皿の絶対的な不足。

この解消は、今突入をし始めた超高齢社会にとっては

避けては通れない問題になっています。

『家族の形態の変化』、『独居老人、老々介護、認々介護の増加』

『在宅介護の限界』、『孤独死、高齢者虐待の増加』などの問題が

今すでに始まっています。


これらを解消するためには

『社会全体の高齢社会への理解と協力』

『市町村を中心とした公的機関のリーダーシップ』

『在宅介護サービスの充実』

『入所施設の増加』が必要だと感じています。


この中でも

『ある程度低価格な入所施設』のニーズが高まってくると思います。

現在、高齢者住宅の開設が、民間の事業所の参入により日本全国で広まっているのですが

ノウハウの不足による『サービスの質の低下』と

過剰な営利目的のための『価格の高騰』が新しい問題となっています。

月/13万円~15万円くらいが相場でしょうか。

もっと高額な施設は契約料として数千万程度支払わなければいけない場合もあります。

この金額を高齢者自身の収入で賄える方は一握りです。

しかもこの先の世代がもらえる年金は未知数。。。

これではいくら施設が増えたとしても根本的解決にはなりません。



なんか長々と書いてしまいましたが

上に書いたことが今回面接を受けに行った理由になりますかね^^;

あと

『施設の立ち上げから携わりたい』という思いと

『小規模施設で、より高齢者の気持ちに応えたい』

『施設経営を含めた運営を覚えたい』

という思いもありますねw



『いずれは自分の施設を!!』


10年後にはこの夢がかなうようになりたいです^^

ん?まだ面接がどうなるかわからないか!www



43歳。。。

いまだ夢を追いかけてますwww






この記事のトラックバックURL

http://chayalog5.blog113.fc2.com/tb.php/300-fb9c6b3d

コメント

薫子サン
ありがとうございます!
自宅での介護って本当に大変だと思います。
仕事もして家事もして子育ても。。。
そのうえでの介護はかなりの負担ですよね。
家で世話をすることで家族関係が悪化していくケースは
たくさん見てきました。
介護が必要な高齢者本人の幸せがクローズアップされがちですが
その奥には家族の心身的な負担が少なからず隠れてて
その部分はあまりクローズアップされないという現実があると思います。
本当にむずかしい問題です!
ヒデさん
そんな。。。w
ヒデさんみたいにアクティブな方に言われると照れますよ^^;
だけど愚痴は私もよく言ってますw
「また主任がグズグズ言い始めた~!」って言われますからwww
グズグズがコミュニケーションツールになってます!
レイさんの福祉への熱い想いがひしひしと伝わってきます
薫子は、自分の父を介護した経験がありますが、正直実の父だったから看れたのかなあと
前出の従姉妹は、義理の両親を看ながら介護の仕事を続けています
今は、お父さんだけですが
薫子の友達も、働きながら義理の両親をディに預けながらも、ディから帰ってきたら
重度んの両親の世話と子育てで一杯一杯
まだ、お父さんが元気だった頃は仕事の合間を見ては遊びに来てたけど、もうそれも無理なんです
何とかして、介護が楽になるようにしてやってください!
レイさんは、まだまだお若いし、熱い想いがあるから、絶対夢叶えられますよ(^^♪
西の魔女ちゃん
ありがとうございます!
この先の高齢化社会の課題を割と真剣に考えています。
そのことが自分自身の成長としてとらえてもいます。
いろんな問題点があるんですが
確実に『高齢者の終の棲家』の問題が大きな社会的課題になると思います。
かといって、高齢者自身に「自分が厄介者」と思わせることも
違うと思います。

超高齢化社会って考え方ひとつで
新しい秩序と価値観を生み出せるものだと考えています。

必死で家族のためと思いながら働いてきた世代の方々に
負い目を感じさせるこち自体が間違いだと思ってますので。

新しい秩序と価値観=新しい制度の構築が不可欠です!

えらそういごめんなさい!
でもこれ本音なんです^^
サクラサク~♪
希望が叶いますように~☆

低額で入所できる施設の設置
団塊世代の私たちは待ち望んでいます
かならずお世話になりそうですもの…

娘たちにどっぷり頼るのはやはり…
いくばくかの年金で賄えると安心ですよね

レイさん~頑張ってね

自分がやりたい事への前向きな姿勢、見習わなくっちゃって思います。
サラリーマンで、いやな仕事に対しては愚痴を言いつつもこなす今の自分と比べると、レイさんかっこいい!
思わず応援したくなりましたよ~
がんばって! 43歳、まだ若い(笑):


コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。