スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のしたいこと

今のデイで働き始めて13年が過ぎました。
生活相談員として働き始め
管理者、ケアマネもやらせてもらって
地域の同業者の人たちとも
たくさん知り合うことが出来ました。
福祉業界とはあまり関係がないように思われるかもしれませんが
デイの新規利用者増加のための営業成果も着実に向上して
利用登録者数も70人台から100人超えるまでになりました。
そして、ここ3年くらい力を入れてきた若手の育成も
昨年あたりから目に見えて成果が出てきたと思います。

本当に今のデイには感謝をしています。



実は今、転職を考えています。
先日、ある募集の広告を目にして
面接を受けるようにしているんですが
そのための経歴書を書いていて思ったことは

「この経験が自分の財産になってるよな」

という思いでした。




『超高齢社会』とよく社会問題として取り上げられています。
困っているお年寄りの方やそのご家族の方がたくさんおられ
そして2050年までその数は確実に増加していきます。

「今私にできることは何なのか?」

そして

「私のやりたいことは何なのか?」

その2つの思いが重なり始めたように感じます。




43歳でこういう風に感じられること自体が幸せなことなんでしょうね。
この仕事に就いて本当によかったと思います。


スポンサーサイト

やっぱりこの仕事は最高です!

毎日バタバタしてますw

この前、お話してた身寄りのない、お風呂に何年も入っていない方が

今日体験利用でうちのデイにやってきました。

スタッフも「なんでまたそんな人を。。。」っていう感じも出てましたが

大半のスタッフはその方がデイに来る必然性を理解して

今朝はみんな協力的でした^^

数年ぶりの入浴ということなので、他の方と一緒の入浴は避け

デイに到着後すぐに個別の入浴ということにして

送迎やデイでのお席も個別の対応にすることにしました。


通常の朝送迎が終わってその方をお迎えに行こうとすると

「朝ごはん食べてこないでしょ?パンを持ってきたから食べてもらってもいいですよね?」

「浴室が寒いから暖房ガンガンに入れときますよ」

「足もしっかり洗えるように足浴桶準備しときますね」

「はじめにオイル塗ったら垢が落ちやすくなりますよ」

「タオルとか持ってるんですかね?デイの公用出しとった方がいいですかね?」

「席はどうしましょ?みんなと同じ席の方がいいけど、匂いが心配。。。」

「髭剃りで髭剃れますか?バリカンはじめはバリカン使った方がきれいに剃れますよ」

等など

いろんな職員がその方の受け入れを考えてくれて

いろんな思いをたずねてきてくれました。

素直にうれしかったです!


それから包括の担当の職員と一緒にお迎えに出発。

担当の職員の方も出発前のうちの職員の姿を見て安心してくれたみたいです。


ご自宅に到着すると

すぐには出てこられず返事だけ。。。

自宅内は相変わらずものすごい状態。。。

畳は黒ずんでいて、いろんな物が埃をかぶって部屋中に散乱して

天井には「何年もの?」っていうくらい埃まみれの蜘蛛の巣が。。。

その方には申し訳ないんですが

「これが人間の住む場所か?」っていうくらい

ものすごい衝撃的な家。。。


しばらくしてその方が姿を現したんですが

「あら~?」

担当の職員の方の少し弾んだ感じの驚きの声。。。

「今まで見たことない洋服じゃないですか?」

どうやら今日デイが来ることを覚えてくれてて

本人なりのおしゃれをされたようでした。


送迎車内でもポツリポツリとお話をしてくださったり

気にしていた匂いもそんなにきつくなく

順調にデイに到着しました。


「おはようございま~す♪」

あちこちからスタッフの挨拶の声が聞こえてきます。

他のみなさんから少し離れた場所でお茶を飲んでいただき

すぐに浴室へご案内。。。


暖房もしっかり効いてあったかい脱衣室で

おしゃべりしながら洋服を脱いでいただいていると

いきなりその方が涙を流しはじめました。

「こんないろんな人にお世話になって。。。○○サン(包括の担当の方)に迷惑かけて。。。」

とポロポロ涙が流れてます。

その場にいたスタッフや担当の方もしばし言葉をなくしてました。


「さ!お風呂入りましょ~!!」

しんみりしててもはじまらないので元気にお風呂にお誘いして

徹底的に洗って差し上げましたよ~~~~!

私自身も現場から離れてますので久々の入浴介助w

介護士の血が騒ぎましたwwww

伸び放題だった髭もバリカン&髭剃りできれいに剃り

さっぱりしたようでした。

入浴中もうちのスタッフも気になって仕方がないようで

入れ代わり立ち代わり覗きに来てましたw


それからベットで休憩をしていただき、お昼ごはんも完食!!

午後からは、健康体操にも参加され、見様見真似で身体を動かされてました。


ケアマネとも話し、2月1日から週2回デイに来ることで

本人も了解していただきました♪



やっぱりこの仕事は最高です!!





おひさしぶりです!

ちゃんと生きてますよw

毎日、毎日がんばってるつもりですwww

今日は仕事しててうれしいことがいくつもありました。

こんな日はここ十年くらいなかったと思うくらい^^

まずは包括の主任から「お願いがあるんだけど」と電話。

「○○主任の頼みなら大概のことはOKっすよ~」と返して

昼過ぎにうちのデイで会うことにしました。

内容を聞くと地域に住む高齢者の方で

もう何年もお風呂に入ってない人がいるとのこと。

身寄りもなくお一人暮らし。

衣類ももう何年も着ていて

擦り切れて柄もわからなくなっているくらい。。。

社協の係長と一緒に自宅を訪問してて

2人とも「何とかデイでお風呂に入れないか。。。」と思ったらしく

その時二人とも私のことを思い浮かべてくれたそうです。

もちろん社交辞令も多分に入っているとは思うんですが

そんな風に「私なら。。。」と思っていただけることがうれしかったです。

うちの相談員に相談したら「また。。。」という顔をされましたが

何とか来週に自宅に訪問することとなりました。


それから担当者会議である男性利用者の方の家にお邪魔したんですが

その方は腰痛持ちで家にいる時はいつもベットで寝ているとのこと。

奥さんと息子サン、お嫁サンと同居なんですが

奥さんも認知症状が出始めてるらしく

「もう家ではみきらんバイ!」と長男サン。

長男サンだけじゃなくて、お嫁サンの考えもよく聞きながら

本人の体調面のことや、他のデイ利用者の方のこと、

施設入所の現実や介護面での公的サービスの種類等など

私の担会時のモットーである「ざっくばらんに気兼ねなく話せる雰囲気作り」を

心がけながらお話を進めていくと

「あんたと話ができてよかった!」と言っていただけました。

ケアマネの方には少し申し訳なかったんですがね^^;


そしてデイに帰ると女性職員がやってきて「お話があるんですが。。。」

昨年末にお母さんが脳梗塞で手術→入院をして大変だった職員です。

その時に「迷惑かけるから辞めます」と言ってきたんですが

「とりあえずしばらく様子を見よう」ということにして

半日出勤で1月は様子を見てきました。

お母さんの回復は思った以上に早くて、「大分いい」というお話は聞いていたんですが

あまり早く聞きすぎると本人もまた焦ってしまいそうだったので

そのままにしてました。

そして今日のお話。。。

「母もずいぶん調子も戻ってきました。まだ少し麻痺は残ってるんですが

介護が必要な状態ではなくなりました。来月から通常の1日勤務でお願いしまいです。」

とのこと。

「おぉ~!よかった~~~~~!!!!」

思わずその職員の手を握ってましたwwww

ホントによかった、よかった♪




そんな感じで1日いい感じですごせましたw

介護の仕事を始めて18年。

いろんなことを経験させてもらってきました。

やっぱりこの仕事は最高です!!

そう思える1日でした^^




この経験と自分のキャラを活かしながら

新しい環境に移ろうかと今模索中です!







 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。